タイの田舎 移住diary

2018年からタイの田舎に住んでいます。30代の駐妻。本が好き。バンコク在住ではないので本屋へ行けないことが今の悩み。主にタイでの生活や日本で仕事をしていた時の話(秘書、人事)をしていきます。

アリ対策には、これが最強でした!(タイの田舎)

こんにちは。のっくです。

 

初めてタイに来て困ったのが、家の中にアリが発生することでした😱

しかし、対策の結果、家の中でアリを見ることは、ほぼ無くなりました。

 

今日は我が家のアリ対策について、ご紹介します。

 

家の中にアリ?

タイに来るまでは、アリって、かわいいイメージでした。

小さいし、コツコツ一生懸命だし、害はなさそうだし。

 

ドラえもんのび太とアリの女王」というストーリーも大好きで、アリのいちセリフも真似できるぐらい何度も見ました。

http://www.tv-asahi.co.jp/doraemon_2017/story/0483/images/TSrkqJ0ckW.jpg

tv asahi ドラえもんのび太とアリの女王」[2017年5月26日放送]より。

 

しかし、夫が単身赴任中、私がタイへ遊びに行った時に、アリの見方が変わりました。

 

それは、家の中でアリを数匹発見。。

しかも移動の速度が速い。こんなに早く歩くのか?

 

家は高層階で、わりと清潔なのに、いったいどこから?

 

最初は「扉が開いたときに外から入ってきたんだろうな」と思っていました。

しかし、アリを追ってみると・・・違いました。

 

家の中のすき間から出てきて、すき間へ帰っていくんです😱😱😱

(タイの家はすき間が多い。日本では考えられない施工)

 

発見したときは、衝撃でした。

 

夫に伝えても、「仕方ないね~。タイだからね~」の一言・・・。

私にとっては、解決になっていません。

 

数匹でもアリが家に出てくるとか、ほんとキツイので、

これが原因で、赴任帯同はやめようか・・と考えるほどでした。

 

 

アリ対策

結局、私はタイに来ました。

アリとの戦いのはじまりです。

 

毎日ではないものの、やはり、家の中でアリを目にする。

とりあえず、以下を試してみました。

 

  • すき間と判明できる箇所は、強力なテープでふさいでみた。

 →意味なし。どこかしら、すき間がある。全てのすき間を防ぐことは不可能。

  さらに、仮に全てのすき間を防いだとしても、出てくるだろう。

 

  • 粘着テープの粘着面を様々なところに仕掛けて、引っかかるようトラップを設置してみた。(Gホイホイ的な)

 →意味なし。1匹も引っかかっていない。(そりゃそうだ)

 

 

むむむ。

では、もう薬品の力に頼るしかない、ということで

日本から大量に買ってきた「アリの巣コロリ」をいたるところに設置。

 

たしかに、効いている。

減ってきた。でも、まだ見かける。

 

これから雨季に入るので、「もっと徹底的にやっておかないと」と思った私は、いろいろと調べて、以下を購入することにしました。

 

それは、「アリメツ」!

アリメツ 55g専用容器付セット

アリメツ 55g専用容器付セット

 

 説明文には、

アリは好んでアリメツを食べ4~10時間後に中毒を起こし遅くも24時間後に死滅します。

一匹のアリが本剤を発見しますと仲間を呼んで一時にアリメツに集中吸食し巣の中に運ばれ貯蔵され、女王アリをはじめ全部の仲間を時間の経過と共に全滅させます。  

とあります。

 

こわい・・・😱

でも、今の私にとってはありがたい品。

 

タイでは、売っていないらしい。

しかし、今すぐに対策をしたいので以下のフローで手配しました。

 

Amazonで発注 → 夫の実家(日本)宛てに送る → 夫の実家からタイへ送ってmらう

 

※当時、Amazonで買い物する際は、日本からタイまで送ることができるのか不安だったので、日本の夫の実家を経由していました。しかし、その後何度か使ってみて、タイへ直送でも無事に届くことが判明したので、今では直送しています。

 

発注から、約2週間で手元に届き、すぐに設置。

 

「アリメツ」設置の結果

 

結論。。

我が家では、効果絶大!

 

「アリ滅」というネーミングのとおり、死滅です。

 

まずは家の中に「アリメツ」を設置して1時間が経過。

効果がありすぎて、外のアリまでも集まってきました。きれいに一列に並んで。

まるで「アリは何を好んで集まってくるのか?」理科の実験をしているかのようで、息子とつい見入ってしまいました。

 

ただ、おびき寄せているとはいえ、これ以上家の中に置いておくのは怖くなり、

30分後にはアリメツをベランダに移動。

 

アリは、さらに集まってきました。

 

で、、アリはどうなったかというと。。

 

 4時間後、、明らかに減っている。(6割減)

12時間後、、さらに減っている 。  (8割減)

24時間後、、アリ1匹たりとも、いない。死滅。

 

というような結果でした。

 

 

「アリメツ」様に救われました。

 

まとめ

 

アリ対策の際は、

・いろいろと試してみること。(アリの種類によって効果の有無は違うはず)

・長期戦を覚悟してコツコツ戦うことが必要。(油断大敵)

 

が大事だと思います。

 

上記ではご紹介していませんでしたが、「ハチミツは使わない」、「食べたらすぐに片づけをする」、「ゴミはためないですぐに捨てに行く」、「入れられる食品類は全て冷蔵庫にin」を徹底するようにしています。アリが好みそうな残飯等を排除します。

 

我が家では、「アリメツ」が効きましたが、今後も効くかどうかはわかりません。

今後パワーアップしたアリがリベンジに来る恐れもあるので、今後も対策強化をしていきます。油断大敵。

 

f:id:nomarin:20180607135506j:plain 

読んでいただき、ありがとうございました。