タイの田舎 移住diary

2018年からタイの田舎に住んでいます。30代の駐妻。本が好き。バンコク在住ではないので本屋へ行けないことが今の悩み。主にタイでの生活や日本で仕事をしていた時の話(秘書、人事)をしていきます。

不快な思いをした時に、言い返せなくて悔しかったの話。

こんにちは。のっく(@nomarin1111)です。

 

今日は、タイ語レッスンの帰りにショッピングセンターに寄り、

タイによくある某レストランでカオソーイ(タイ風カレーヌードル)を食べてきました。

カオソーイを食べるのは久しぶり。

むしろ、タイ料理を食べることが久しぶりでした。

 

カオソーイは、屋台や町中のカオソーイ屋さんで食べるのが一般的だと思いますが、

お腹が慣れない今の私には相当高いハードルです。

 

レストランで食べるカオソーイは、「うん。まあまあ美味しい」という感じで食べ進めていたのですが、

なんと・・・・、スープの中に、髪の毛が入っているのを発見。

この発見した時の、げんなりとした気持ちといったら・・・。

 

私はフードサービス業界に属していたことが長かったので(現場ではないので料理をつくることは苦手)、外食店舗で衛生管理ができていないことは許容できない。

やるせなくなりました。

 

でも、、この時、

定員さんに、なんて伝えたらいいのか。。

戸惑いの気持ちもでてきました。

 

「食事に髪の毛入ってますよ」

 

一つ一つの単語をみると難しいくないのですが、

 

こういう時の日常に必要な会話って、出てこない><

 時間とお金を投資してタイ語を学んでいるのに。。

 

店員さんに、伝えたいものの、めんどくさいから言うのもやめて、

そのまま残して帰ろうか。

 

そんな考えも一瞬よぎりましたが

結局、簡単な英語とジェスチャーで店員さんに伝えて、下げてもらいました。

 

10分後、新しいカオソーイを持ってきてくれました。

ですが、詫びるそぶりも一切ない。

 

これまた、私は「おいおい。ちょっと!!」と言いたいものの、

日本とタイは文化が違うし、口うるさく言うのもよくないのかな、、と考えてしまいました。

(そんなん考えていると疲れる)

というか、仮にその後やり取りが発生しても、タイ語でやり取りできないし、

言えないな・・・なども考えてしまう。

 

なんか、言いたいことを伝えられなかったり、ワザワザいろんなこと考えてめんどくさくなったり・・・と、せっかくのランチタイムが疲れてしまいました(;´д`)

 

じゃあ、こういう時、どうすればいいのか。。

 

タイ語で日常会話できるようになればいい!

■余計なことを考えなければいい!

 

ただ、それだけ。

 

そか。んじゃ、そうなるように、努力すればいい。

 

駐在妻生活、いろいろと疲れることもありますが複雑に考えず、

シンプルに!気楽に!いこう、と自分を励ましました。

 

今日は金曜日ですね。すてきな午後をお過ごしください。

f:id:nomarin:20180608161956j:plain

 

読んでいただき、ありがとうございました。